日々の暮らしとともに

 

 

 

 

 

 

 

梅雨もはじまり、

ひと雨ごとに大地を潤いし、

紫陽花の花の色がましていく季節。

北千住店は、

加藤かずみさんの器で、

優しい色につつまれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンバスに絵を描くかのように、

加藤さんの器には、

物語を語ってくれそうな世界観があります。

 

とろりとした乳白色の質感に、

釉薬の微妙な色の変化やムラが際立ち、

まるで絵画のような景色が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んなサイズ展開があり、

日々の暮らしに役立ちます。

ケーキ皿は、コーヒーカップのソーサーにできたり、

一つの器で、いろいろな使い方ができる器。

 

お買い求めいただいたお客様の言葉が

印象に残っています。

「朝ご飯は加藤さんの器って決めてるの。

そうすると朝から気持ち良く、

元気に1日のスタートがきれるのよ」

 

生活に寄り添うように、

機能的なデザインで。

手にすると、

心が和んで、優しい気持ちにさせてくれる。

加藤さんの手で

丁寧に作られた美しい器は、

今日も一日がんばって、

あなたに力をくれる器になることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

北千住店にて

ノスタルジックな初夏の風景

『加藤かずみ展』

~6/18(火)まで

10:00-19:00

会期中無休

 

 

スタッフ西本