秋の草花を

長袖のブラウス一枚で丁度いい。
穏やかな風と柔らかい太陽。
今日は本当に心地の良い気候でした。

店前にベンチでも出して、お茶でもすすりたい気分です。笑

 

秋になると、ぐっと草花が大人っぽくなります。
そんな静かな草花たちが居心地の良さそうな伊藤環さんの器です。

 

白磁おかめ壺

とろりと艶のある白磁の壺です。
ただただ美しく、しっとりとそこに居る。
丸みを帯びたフォルムも安心感があります。

いつでもお花を待っているおおらかさです。

 

大振りの片口にはお客さまのお庭から頂いたケイトウを。

ワイルドな片口に野性味あふれるケイトウ…かっこいい。

 

ピッチャーに秋明菊。

環さんらしい、クラシカルなシルエット。

窓辺にお花を、
台所でハーブを、

景色が変わりますよ。

 

枯淡釉掛花

まるで鉄の塊のような、武骨で渋い花器です。
朽ち果てたような肌が何とも言えず美しい。

 

良い花器に共通することは、花を活けなくても美しいこと。
環さんの花器も角さんの花器もそう。

 

掛花は置いて使うこともできます。

玄関やテーブルのセンターに
静かにその場を締めてくれます。

茶道をされる方にもお勧めです。

何気ない身近な草花も主役になる花器です。

同じ枯淡釉の足も環さんがひとつずつ手作り。
こちらはセットでお付けします。

 

 

穏やかな秋の日々。
優しい気持ちで草花に触れたくなります。

 

スタッフ岡田

 

——————–

柏本店にて

果てなき意匠
『 伊藤環展 』

9/14(土)-24(火)まで
10:00-19:00
会期中無休

——————–