0.1mmの世界

回転する施盤に丸太を取り付け、
慎重に、慎重に、
その木の塊に向かって鉄刃をあてる。

イメージをする形に向かって
無心になる瞬間。

0.1mmでも角度が狂うと
そのイメージした形とは程遠いものになってしまう。

鉄人の技と、
想像を絶する集中力が要される仕事。

今此処に、目の前にある作品たちは、
人並み外れた技と気から
出来上がってきたものばかり。

その気品、迫力は
私たちの心とからだに響き渡ります。

ウッドターナー第一人者である
盛永省治さんの神業。
目に光ります。

見なきゃもったいない。

柏本店にて
『盛永省治展』
10/19(土)まで

スタッフ和田