やさしくくるむもの

からだをつつむ衣服は、

わたしたちの深い呼吸をやさしくくるむものです。
うつりかわりのファッションではなく、

太古の野生の風を感じさせるような、

深く深く呼吸できる、

根本的な衣服というものを、

ちくちくつくりたいと思っています。

『種まきびとの絵日記 はるなつあきふゆ』 より

 

 

ユミさんの作る洋服たちは、

やさしく身体を包んでくれるものばかり。

ユミさんのトレードマークのような

麻スカートにまえかけがあまりに可愛くて、

いろんなまえかけをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リボンの巻き終わりの赤や水玉の

柄がでてくるところがキュートです。

細やかなところまで、かわいいまえかけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス風エプロン

ユミさんがフランスを旅した時に感じた

フランスの雰囲気をそのままに。

上のエプロンは、確かにパリの八百屋さんや

お肉屋さんで見かけるエプロン!

でも、横顔もとってもキュートに。

下の巻きスカート風のエプロンは、

やわからな風合いで。リネン素材。

リボンをとおすループがあるので、

リボンもずれずに巻き心地抜群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柿渋染まえかけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消毒殺菌や虫よけ効果もある柿渋。

夏の青柿をとって柿渋をつくり、

その柿渋をつかって染められた布。

虫とともに暮らすにっぽんの農民の知恵が

つまったまえかけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな種類があります。

まえかけ、エプロン、

かっぽう着、もんぺ・・・ぜひお試しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北千住店にて

早川ユミ

『かっぽう着と冷えとりの衣服』

12/5(木)まで

スタッフ西本