いのちのそばに

いのちを見つめる

いのちと向き合う

仁城さんの
まっすぐな眼差しと
大きな愛を
めいいっぱい受けた
うつわ。

わたしの生活と心にフィットして
感触が心地よい、
子供たちのための漆の椀を
ずっと探していました。

そして、やっと出合えました。

このお椀でごはんを食べて、大人になって、
いつか、頭ではなく自分のこころで

「あたりまえ」は「ありがたい」ことだと

強く気付かされる日が来るのかな…
椀をお湯で洗い流しながら
穏やかな気持ちで考えたりしました。
(しかし、仁城さんのうつわは眼で見ても触れても穏やかな気持ちにさせてくれるなあ。)

親から子、子から孫へ
受け継がれるいのちのそばに。

心を通わすことのできる
たいせつな人とのじかんのそばに。

それぞれの営みの中に
仁城さんのうつわが
そっと在ってくれたなら、
この世で生きる人たちの
笑顔が、ゆっくりでも少しずつ
増えるんじゃないかな…。

 

柏本店にて
真美な漆器
『 仁城義勝展 』
明日までとなりました。

ぜひ、お運びくださいね。

 

世の中の子供たちの心が大きく動く
朝がやってきました。

昨夜はきっと、
慌てて無理矢理寝たふりしてたら
こてんっと眠りにつく子。

夜空を気にしながら眠れない夜を
過ごした子。

子供たちのドキドキとワクワクで
いっぱいの夜だったのではないでしょうか。

 

Merry Christmas⭐︎

 

サンタさん、お疲れさまでした☺︎

 

 

スタッフ栗谷