『ときめく春を持ち帰る』つづき

クウプノオト…ホームスパンバッグ

 

ホームスパン、織り、縫製まで一貫してこなすクウプノオトさん。

糸の色はひつじちゃんそのままの色。
自然の色がこんなに美しいことに驚きます。

使うほどに柔らかく、
持っているだけでほっとできるから不思議です。

 

武井春香…手織りストール、柿渋染めバッグ

 

手織りのストールの気持ちよさは、
身に着けた瞬間にわかります。

ふんわりやさしく身体を包み込んでくれる。
色の組み立ても、春らしくて元気になります。

 

前回好評だった蚊帳ポシェットも再び登場。
一点一点色が違います。
柿渋染めの良さをふんだんに。

これからの軽やかな装いのワンポイントに素敵です。

 

 

ヨシノヒトシ…陶磁器

本当にバリエーション豊かに、
そして春を感じるうつわの数々。

ヨーロッパや中国など、
世界の古いものを思わせる雰囲気のあるうつわたちです。

 

美しいです。
料理をのせたらもっと美しい。

 

うちの家の前のハクモクレンの木。
空に近い枝は白い花が咲き始めている。

春はすぐそこです。
一日でも早く穏やかな毎日が訪れますように。

 

 

『ときめく春を持ち帰る』

このテーマ通り、
少しでも心が躍る気持ちを持ち帰っていただけたら幸せです。

 

 

スタッフ岡田

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

北千住店にて
『ときめく春を持ち帰る』
2020年2月29日(土)-3月10日(火)
10:00~19:00 会期中無休

いつもの食卓、いつもの景色。私たちのまわりが春色に変わっていく。
それだけで少し心が躍る。春は新しい何かに出逢いたくなる。
心がときめく春を持ち帰ったなら、明日がもっと楽しみになります。

<参加作家>

赤畠大徳(各種包丁)・安藤由紀(木工)・大澤知美(木工、漆)
クウプノオト(バッグ)・武井春香(ストール)・原口潔(カトラリー)・ヨシノヒトシ(陶磁器)

 

△3月6日(金)限定・・・きりん屋のパン(お昼12:00からの販売)