心の中の素の声は、

コンポート / 中里花子

 

 

これまで、
さまざまなmonohanakoを
見続けてきましたが、
はじめて目にしたコンポート。

わ、monohanakoのコンポート。
待ってました。

これが咄嗟に出た第一声。

あったらいいな、とか
作ってほしいな、とか
思ったことはないのです。

でも、いざ実物を目にしたとき、
私の心内にあった素の声が出てきました。

花子さんがコンポートを作ると、
こうなるんだ。
サラッと作っちゃうんだろうな。

スピードにのり、
花子さんの頭の中で思い描かれ、
計算されたことが即座にかたちとなる。

かたちにできちゃう巧みさ。

 

ハァ…素敵です。

恍惚とする自分に気づく。

 

低めにつけられた高台は
仰々しさを感じさせず、
普段の食卓にも気負わず使える。

でも、少し高さをつけるだけで
視覚を愉しませ、
気分を上げてくれる。

 

休日のブランチには
おいしいパンを何種類ものせて。

たくさん焼き上がった
マドレーヌやフィナンシェを贅沢にのせて
家族や友と囲みたい。

フルーツやハーブも添えた
季節のサラダもいい。

心地よい風が吹き込むリビングに、
このコンポートの上で
ドライフラワーが横わる姿。

妄想は無限大に溢れていきます。

 

チャクラをそのまま
コンポートにしたような
monohanakoの新たな試み。

ぜひ、ご覧くださいね。

 

 

 

 

スタッフ和田