黒錫角皿 / 大浦裕記

黒錫角皿 / 大浦裕記

漆を焼き付けて研磨し、
錆びた風合いに仕上げる錆漆。
その錆漆の上に錫粉を落とし剥がす。

気が遠くなるようなこの工程を
幾度も繰り返すことにより生まれる
漆器のような、古銀のような独特の質感。

大浦さんの作陶に向ける姿勢、
揺るがない意匠とストイックな部分を
この器を通して遠巻きに思い描く。

驚くほど、軽い。薄い。

手取りの感覚はまさに漆器。

シンプルながら
オリジナリティあふれる存在感は
ただただカッコいい。

料理映えすることは
もう言うまでもありません。

 

食材が、料理が喜ぶ様が目に浮かぶ。
日々のごはんをごちそうにしてくれる器。

 

 

ただいま北千住店にてご覧頂けます。

 

 

スタッフ和田