センセーショナルな出会い

ふらりと楽しんでいたウインドウショッピングで足が止まる。
ゆっくりと立ち戻り、二度見。 いや三度見だったかも。 

そこから立ちすくむこと数分間。。。

ひときわ異彩を放ち、
群を抜いて存在感のあったbubunのガラスのジュエリー。

衝撃でした。
センセーショナルでした。

シンプルの頂端をゆく glass work。
細やかなパーツの集合体。
余計なことを究極にそぎ落とした、
ガラスという素材を用いてのデザイン表現。

これまでに目にしたことのないものでした。

ジュエリーというジャンルを超えて、
もはやArtなのではないかとさえ思ってしまう。

 - 身につける誰かの「一部分」になりますように -


装飾ではなく、
からだの部分になりますように…
身に着けれらた姿を想像し、
身に着ける人とジュエリーが各々に輝くようにと
bubunに込められた思いにもまたつよく惹かれました。

リング、ピアス、イヤーカフと。
わたしのからだの一部分は
ゆっくりと増えていってます。

シンプルの積み重ねが、
これほどまでに素晴らしいひとつの美 に。

ジュエリー界が誇る、
いえ、日本が誇るbubunのガラスワーク。

間違いなく褒められます。

2020の終わりに
bubunコレクション フルラインナップで
ご覧いただけます。

明日、最終日。

ラスト1日をどうぞお楽しみください。

.
.
.

柏本店にて

『漆の箱と氷冬のジュエリー』
横山桂子・bubun

12月12日(土) – 25日(金)
10:00 – 18:00 会期中無休