時代大椀

 

同じ漆器でこんなにも違う。

横山桂子さんの漆器と真逆のようでもあるけど、
赤木明登さんの漆器も手の仕事。

この薄さや滑らかさは
熟練の木地師さんや塗師の赤木さんの仕事が素晴らしいから。

そして赤木さんのルーツである金属器を模範とし、
深く研究されたから。

 

「形の美しさがどこから来ているのか」

 

赤木さんは人々の歴史の中に受け継がれてきたモノを
ひたすら見つめてきました。

赤木さんの頭の中に生まれた設計図と
能登の熟練の職人さん
どちらが欠けても生まれないカタチなのだと思います。

 

赤木さん、職人さんの手から手へ渡り、いくつもの工程を1年以上経て
ようやく出来上がる。

それぞれのプロの仕事が輝くうつわ。
だからどの子も誇らしげなのです。

 

時代大椀/赤木明登

 

玉縁が美しい時代大椀。
この玉縁も金属器が始まりなのだそう。

 

汁ものはもちろん、
揚げ出し豆腐やかぼちゃの煮物、
洋風のスープだって似合います。

おおぶりで浅めの椀なので、
使い道がたくさんでお得で嬉しい。

 

まずはお正月にお雑煮を…

スペシャルなお雑煮になりそう!

 

スタッフ岡田

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

北千住店にて

白漆のある食卓
『赤木明登展』
2020年12月9日(水)~25日(金) 
10:00~19:00 会期中無休