日常に彩りを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日からはじまりました「四角」展。

それぞれの作家の持ち味が

発揮されていて

美しく、

昨日までの食卓とは違う

彩りを、

楽しさを、

感じさせてくれる器です。

◇中里花子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花子さんのBlueは、

日本古来の深い藍から

ジーンズの色のデニムの青まで

さまざまな表現をされます。

立ち上がったリムが

すっとしていて美しく、

盛りつけた時の装いまで

計算された1枚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐紙と同じサイズにつくられていて

和菓子をのせれば、美しくおさまり

オードブルをすこし、

そんな粋な楽しみ方も素敵です。

◇角りわ子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「このお皿にポテトサラダもいいね。」

今日のお客様の会話です。

どんな料理をのせよう、

これにしよう、

想像力がふくらむ一枚の器。

柔らかくて、あたたかい角さんの器。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇林拓児

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貫入の美しさと、

ベージュグレーの絶妙な色が

お料理をより美味しくみせてくれます。

◇李英才

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルのようでいて、

それはとても洗練されたデザイン。

独特の色彩も

デザインも、

豊かな表情になって表れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非手にとってご覧くださいね。

スタッフ西本

 

・・・・・・・・・

柏本店にて

『四角』

~2021年9月25日(土)まで

10:00~18:00

会期中無休

(最終日16:00まで)