藍のうつくしさ

藍甕に5〜6回、
つけて乾かしての作業を繰り返す。
丁寧な工程は安藤さんのお人柄をも投影させます。

純真無垢な木は、
気持ちの良いほど素直に藍を吸い込み
美々しい色姿に変身する。

自然光、白熱灯。
光の中で様様な姿見になる藍染めのうつわ。

吸い込まれるほど美しく、
指に伝わる滑らかな感覚に恍惚とします。

 

 

よくよく目をかざすと
2トーンなのです。

素敵です。

 

cup 藍染め / 安藤由紀

 

※ 『初秋の暮らし方』作品につきましては
通販も承ります。
ご希望の方は北千住店まで
お問い合わせください。

03-5284-8220
banki-2@almond.ocn.ne.jp

 

 

北千住店にて

『 初秋の暮らし方 』

2021年9月13日(月)-25日(土)
10:00~19:00 会期中無休
(最終日16:00まで)

<参加作家>
荒川尚也、安齋新・厚子、安藤由紀、田井将博