鈴木進さんの急須、入荷しました


鈴木進さんの粉引の急須が
入荷しました。

しのぎ、線刻。

表情はちがえど、
どちらも伸びやかで力強い縦縞模様。

天然色にも似た優しいベージュ。
まいにち自然と手がのびてゆきそうな佇まいです。

昔ながらの製法で、
すべて手作業で作られています。

茶漉しももちろん、そのひとつ。
茶漉しの穴はとても細かく、
驚くほど丁寧な仕上がり。

緑茶の茶葉でもひっかかりにくく、
それゆえ、洗いやすさにもつながってきます。

水のキレも快適。
流線を描き注いだあとは、
ピタッ。 と声がするかのように止まります。

どこまでも、
「使う」ということに重きを置かれた急須。

内田鋼一さんのもとで
学ばれた鈴木進さん。

細部にわたって丁寧な手仕事や感覚は
さすがだな、と納得するばかり。

急須といえば
内田鋼一、村上躍、伊藤環

と言われてきたけれど、

急須といえば、鈴木進。

と、4人目に並ぶほどの実力の持ち主だと思います。

柏本店にてご覧いただけます。
ぜひ水切れの良さ、
茶漉しの目の繊細さ、
ぜひ、ご実感くださいね。

スタッフ 和田