環さんと、沢田英男さん

柏本店にて、
『 伊藤環展 』初日を迎えました。

オープン前から
終日途切れない沢山のお客様の足。
そして笑顔。

ようやく迎えた環さんの器を
溢れんばかりの気持ちで
連れて帰られる皆様の満足気なお顔を拝見し、
私たちも感極まるばかり。

一点一点表情の違う器。
吟味し、迷い、
ようやくコレぞ、と決めた器。

きっと、皆様のもとで可愛がってもらえることと、
スタッフ皆とても嬉しく思っています。

そして、何と、

今日は沢田英男さんご夫妻もご来店!

嬉しい再会!

環さんと沢田さんご夫妻はご友人なんです。
ほんわかとした興ずる空気感のあるお二人。
お話されてる光景もまたほんわかと。

まさかの共演。
いやぁ〜〜嬉しかったなぁ。

 

人懐っこく、
屈託のない笑顔の持ち主、環さん。

天性だな、と思えるほど、
人の気持ちをほぐし、
チョットした心の隙間に入り込んでゆく。
それも見事なまでに自然体で。

100人、環さんとお話したら、
100人全員笑顔になるんじゃないかな。

ほんとに、すごい。

お客様お一人お一人に気さくに話しかけられ、
お帰りの際には見送られ、
「 ありがとうございます。」と深々とお礼を。

造られた仕草でなく、
本当に自然体に。

そんな環さんの姿は
私たちにとっても励みになり、学びになり。

人柄で滲み出ています。

それは器にも通じること。

環さんのうつわはいつでも進行形。
器作りの情熱は褪せることなく
日々進化し、新しい造形を目指して
試作を繰り返す。

約1500年前の須恵器を模したものや、
英国スリップをヒントにした
newフェイスのマグカップ   …など

それがカタチとなり、
個展という舞台で今日、花開いています。

本当に素敵です、伊藤環さんの器。

心をこめて、
おかえりなさい環さん!!

沢山の素敵な器たちを
今回もありがとうございました。

そして終日の在店、
お疲れ様でした。

明日からもまた、
沢山のお客様にお会いできますように。

お待ちしております。

スタッフ 和田