差をつける柿渋トート


柿渋染料に何度も染められ、
天然の風合いを纏ったキャンバストート。

自然とできた濃淡。
生成りの顔より、
断然表情が良い。

きちんとした装いには
少し違和感を感じるキャンバストート。

でも、柿渋を纏うと、
そんな違和感はまったくない。

手持ち感もよく、
自立するバッグは本当に頼りになる。

帆布ならではの丈夫さならでは、
使い込み感もまた、楽しんでゆける。

時間をかけて自分色に変わるバッグは
5年、10年…その先もずっと頼もしく
使えるバッグ として寄り添ってくれます。

サイズもいろいろ、
縦型、横型、かたちもいろいろ。

自分にしっくりくる一つをお選びくださいね。

おとな顔した柿渋トート。
オススメです。


柏本店にて
『 ちょっとおでかけBag展 』
10/10(月)まで
10:00-19:00

スタッフ 和田