待ち焦がれた『李英才展』

日頃より萬器HPをご覧くださり、
ありがとうございます。

先日より、
HP閲覧不可の状態が数日続き、
皆様には大変ご不便、ご迷惑をおかけいたしましたこと
心よりお詫び申し上げます。

今日からまた、
うつわへの熱い想い、
フフッ、と心がほぐれるような
そんな言葉たちをスタッフみなで綴ってまいります。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

・・・

先週7/7(土)より、
柏本店にて『李英才展』がスタートしております。

この日をどれほど心待ちにしていたことか・・・

先週末7/7(土)より、
柏本店にて『李英才展』がスタートしております。

この日をどれほど心待ちにしていたことか・・・

恋焦がれて約6年。
ずっと、大好きなこの場所で、
見たかった李さんの個展。

萬器での個展を飾るに相応しい、
李英才さんの器たち。

シンプルで端正な面持ち。
それでいて滑らかなツヤ。

深みのあるアースカラーには、
ぐっと心が引き寄せられる。

しっかりと焼き締められた器は重みを感じ、
此処にある存在感を漂わせている。

ここで、
李英才さんのプロフィールを
ほんの少しご紹介。

李英才(リー・ヨンツェ)
1951 ソウルに生まれる
1972 ソウル芸術大学卒業
1973 ドイツ留学 ヴィースバーデン造形大学陶芸科に学ぶ
1978 ザントハウゼンにてスタジオをもつ
1987 マルガレーテンへ―へ工房のディレクターとなる。

マルガレーテンヘーエ工房。
1924年にバウハウスの影響下で設立されたドイツ最古の工房。

1987年にディレクターに就任した李さんのもと、
器のコレクションを立ち上げました。

以後約30年間、色もかたちもほとんど変わらず、
器をつくり続けています。
李さんはこの工房にて個人作家としても活動されています。

李英才さんの代表作ともいえる
独特なフォルムのティーポット、
スクエアプレート、
マグカップ、
コーヒーカップ&ソーサー
ディナープレート、
蓋物、韓国式スープボウル etc…

261点もの作品たちが
萬器店内に並びました。

” 器ブーム ”ともいわれる昨今。
魅力のある和食器たちが溢れている中、
洋食器でこれ!というものには
正直のところ、なかなか出会えない。

ひとつひとつ、
手作業で作られる洋食器。
いろんな自然の条件によって生まれた釉薬の表情。

本当に、素敵な器たちだこと。。。

約9000km、
遠いドイツの地から届いた
李英才さんの器。

ついに皆様にお目にかかれます。
どうぞ心躍らせご来店くださいね!

・・・

柏本店にて

ドイツ・マーガレーテンヘーエ工房より
『 李英才展 』

7/21(土)まで
10:00-19:00
会期中無休

スタッフ和田