JURI帽子展、初日

昨日7/14(土)、
北千住店にて
『 夏の帽子 JURI展 』がスタートしました。

気温35℃を超える猛暑日となった昨日。
でも、不思議とJURIさんの帽子が並ぶ展内は
とっても涼やかで。。。

天然素材のラフィアやパルプ、麻たちが
きっと体感温度を下げてくれてるのでしょう。

外気温とのちがいにびっくりするほど
涼感漂う空間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嶋朱里さん、
初日在店いただきました。

ZAZA CHAPEAU池田かよさんとの帽子作りを
9年共にされた朱里さん。
誰よりも長く、
誰よりも池田さんの近くに居た人。

池田さんがいつもかけてきた
帽子づくにへの情熱、
縫製の丁寧さ、
身に着けたときの心地良さのため、
素材にとことんこだわる大切さ。
しっかりと継承されています。

 

「 池田先生がされていたことは
すべて同じように・・・」

決して池田さんの真似ごとではない。
もちろん、朱里さんらしさを織り交ぜながら。

でも、
素材感だったり、デザインだったり、シルエットだったり、
被ってくださる方のことを想いながら作ると
自然と池田さんと同じ工程になるのかもしれない。

1人1人お客様に丁寧に時間をかけて
アドバイスや被り方のあれこれを伝授してくださった朱里さん。

帽子に添える指使い、
お客様に寄り添う姿は
もう池田さんそのもの。

まるでそこに池田さんを
見ているかのようで。。。

その姿は頼もしくも、微笑ましくもあり。
なんだか、とっても、
幸せな気持ちになりました。

大丈夫。

たくさんの女性たちに魔法をかけた帽子は
今ここに、嶋朱里さんによって存在している。

・・・と。

JURI帽子を代表する カヌレ(右)と
女性を永遠に美しく見せるシルクハット。
「 帽子は帽子。 」自分が帽子に合わせるんじゃなく、
帽子を自分に合わせちゃう。自由自在、
好きなように形づくれる柔らかい帽子。

1つの帽子から
幾通りにも被り方が生まれます。

JURI帽子の魔法に、
ぜひかかってみてください。

「 帽子は苦手 」

を、きっと変えてくれるはず。

さぁ、本日2日目もスタート。
都会の避暑地へ
どうぞおでかけください。

北千住店にて
『 夏の帽子 JURI展 』
7/26(木)まで
10:00-19:00
会期中無休

スタッフ和田