ガラスと草木花

『 グレーのうつわ 』

展内では、
横山さんの様々なガラスのうつわに
草木や花を活けています。
 
 

緑青・泡  「花瓶」

 

白泡・被せ 「片口」

 

グレー 「ドーム」

 

一輪の枝葉。
それぞれに活けることで
雰囲気が一変する。
 
 
時には大人っぽく、艶やかに。
 
時にはかわいらしく、精彩に。
 
時にはモダンで、朗らかに。
 
 
 
横山さんはいつもお話される。
「 ガラスが成りたいようにして、この形に成る。 」
と。
 
 
一心不乱に、
ガラス地と真正面に向き合い、
工程の一瞬一瞬を大切にされている横山さん。
 
 
- ガラスが成りたいようにして 成る。-
 
 
そうして生まれたガラスの器たちは、
料理を美味しく盛ってくれるように
草木花たちをもまた、
その存在を大切に受け止めてくれるのかもしれない。
 
 
どの角度から見ても
様子がいいガラスの花器。
光が射し、
美しい水影が楽しめるのもまた良いところ。
 
 
草木花、水、ガラス。
自然のものからなる三重奏は、
わたしたちの心を柔らかくしてくれる。
 
 
とても心地のいい空間。
 
 
どうぞ、
お運びくださいね。

 

 

………………
 
柏本店にて
『 グレーのうつわ 』
8/25(土)まで
会期中無休

 
 
 

スタッフ和田