なんじゃもんじゃの木

なんじゃもんじゃの木。

母が小さな苗を買ってきて庭に植えたのが、
いつの間にか私の背を超え、見上げる高さになりました。

今は可愛らしい実がついていますが、
初夏には白い小さな花をたくさん咲かせます。

ひらひらと天使の羽のような可憐な花。
開花時期は短いですが、それだけに儚くて美しい。

 

実は『なんじゃもんじゃ』は愛称で、本名は『ヒトツバタゴ』と言うそう。
「何の木だ?」と質問しているうちに『なんじゃもんじゃ』になったとかならないとか…

 

諸説あるそうですが、私はこのわけのわからない名前が忘れられなくって好きです。

 

 

静かな村上躍さんの花器にぴったり。
本当に自然のものを素直にみせてくれる不思議な存在感です。

 

 

スタッフ岡田