『山口ミスズ展』初日

『山口ミスズ展』初日。

秋の朝の柔らかい日差しが店内に降り注ぎます。
山口さんのストールがそれを受けて優しく微笑みます。

 

オープン時間から次々とお客さまが!
「2年待ってました!」と皆さん目がキラキラ。

本当に楽しみにしてたんだなあ。

 

2年前に購入していただいたストールを持ってきて『育ち具合』を生みの親に報告される方も。
山口さんも嬉しそう。

 

一枚一枚お客さまが購入されるたびに
「嬉しい、嬉しい…」
としみじみ呟く山口さん。

心を込めてつくりあげたからこそ、こぼれる気持ちなんだなあと思いました。
それは透き通った純粋な気持ちでした。

 

 

山口さんはこの一年、いろいろ考え迷いもあったそうです。

色んな人と出会い、色んなものに触れ、色んな経験をし、
自分の核となる部分を見つめなおす。

達成感もあり、ときに焦燥感もあり…

 

そんな迷いのなかたどり着いたことは、やっぱり

「織ることが好き」

というシンプルな答えでした。

 

山口さんらしい誠実な時間です。

 

山口さんのストールから感じられる、瑞々しさ、純粋さは
やっぱり山口さん自身だったんだと気づきました。
ご本人の魅力がそのまま作品に表れています。

 

お客さまひとりひとりと丁寧に向き合ってくださいました。

長い一日、本当にありがとうございました。

 

スタッフ岡田