こっくりとじっくりと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空の色が澄みわたり、
麗らかな秋日和が続いていますね。
北千住では秋を感じる常設展示に。

野バラの実は、赤く熟し、白の器に映えて。
温かいお茶が美味しく感じるこの季節。

素敵なポットで、お茶を楽しみませんか。

 

 

黒ポット

そば粉引ポット
粉引ポット/角掛 政志

細部までこだわりがあり、
形が美しい角掛さんのポット。
使い手に優しい工夫が、ポットの蓋にも。
蓋の下の部分、

本体と合わさるところが長めに作ってあるので、
注ぐ時にしっかり安定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、握りやすい取手は、

しっかり手が入る大きめの作り。
たっぷりとした丸みのある形が、
ポットの中で茶葉を広げ、

お茶を香り高く美味しくします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林檎急須/伊藤成二

ラインやフォームの繊細な美しさと、

林檎のもつふんわりとした優しさを持った急須。

細部にわたり、お茶を美味しく淹れるための

さまざまな工夫は、

茶葉をうける網の目の細やかさからも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと合わさった林檎の形になるために、

一つの壺のかたちから、

上部を切りとってふたにしているそうです。

だから、美しい、本当に美しい林檎の急須なのです。

 

是非お出かけください。

 

スタッフ西本