21世紀に似合う、モダンな木器

『佃眞吾展』/黒柿カードトレー

モノトーンな黒柿。
モダンな様はとても格好いい。

なめらかな木肌は
人の手によって作られたものとは
思えないほど完成度が高く、
思わず息をのみます。

約5ミリほどの厚み。
佃さんの木工藝にはため息の連続です。。。

『佃眞吾展』/桑茶托

均整のとれた四角い茶托。
直線の美しさが際立っています。

まるでちいさな額縁のよう。

桑の木はとても硬く、
形にしていくには高い技術が必要なのです。
良質な材料には匠の技でないと叶わない。

佃さんの木工藝は、
ちいさなものにこそ
はっきりと表れていると思います。

……………………………

柏本店にて

感性に響く木器
『佃眞吾展』
12/15(土)まで

スタッフ和田