用の美を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

能登一ノ椀 黒・赤・溜

鉋目八隅折敷 溜

 

ほんものの漆の心地よさ

赤木さんの椀を手にとると、

その触り心地の良さと、軽さ、

フォルムの美しさに魅了されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱さも冷たさもダイレクトに伝わらない

優しい、丁度良い温度で

手に伝わる心地よさ。

 

「漆は、手で触れ、唇にふれるものである」

・・・・・・輪島の漆芸家・角偉三郎

漆についての素材がもつ魅力、

それは口に運んだときに感じる

口当たりの良さ。

 

日常で使うからこそわかる用の美を

楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引盃・盃台

 

・・・・・・・・・・・・・

北千住店にて

『赤木明登 茶の箱展』

 

12/25(火)まで

10:00-19:00

会期中無休

 

 

スタッフ西本