赤木さん夫婦ご来店!

今日は赤木さんが奥さまの智子さんと一緒に来店してくださいました。

昨日東京に着き、おとといまで能登で塗りのお仕事をされていた赤木さん。
都内で3か所同じ時期に個展をされているため大忙しです。

そんなタイトなスケジュールのなか、「今日は萬器の日!」と言って、
一日在店してくださいました。

本当にありがたいことです。

 

赤木さんが来るという情報を耳に入れて駆けつけてくださった方、
サプライズ的な感じでお会いできて感動なさっていた方、
街はクリスマスでお忙しいこの時期に、たくさんのお客さまにご来店いただきました。

 

 

今回の展示は赤木さんの茶箱を一目見たいというお客さまが多くいらっしゃいます。

本当に素敵…とても幸せ…と感動されます。

美しすぎて、素晴らしすぎて、
茶箱の前から離れられないお客さまもたくさん…

 

今年で最後の茶箱。
作るのは本当に大変なことだそうです。

数ミリでも誤差がでると茶箱に収まりません。
ぴったりと収まる様子が美しいので妥協はできません。

最後のお仕覆に関しては、イメージを伝えてから染色を始め、織っていきます。
その茶箱のために一から作る特別な布です。

それはほかのアイテムも同じ、この茶箱のための作品です。

 

お客さまが息を呑んで感動するはずです。

私たちもこんなに貴重な芸術に触れることができて幸せな時間でした。
しっかり目に焼き付けたいと思います。

 

いよいよ明日まで!
後悔のないように最後の茶箱をぜひご覧になってください。

 

赤木さん、智子さん
今日はありがとうございました!

今夜はご家族が揃うそう。
素敵なクリスマスを!!

 

スタッフ岡田