TOP

2月のごあいさつ

『え?何…⁇』

マスク越しの声はくぐもって、なかなか言葉が明瞭に届かない。
度々聞き返すのも憚られ曖昧な返事をし、キョトンとお互い見つめ合う羽目になる。

マスクは身を守るだけでなく、お化粧時間を短くするし、
口紅の消耗も抑えてくれ、寒さが厳しい朝には布一枚の温かさで救ってくれる。
つまり、かなり助かる 。

でも、マスクで誤魔化したつもりでいても、いやいやそうは問屋が卸さない。
「目は口ほどにものを言う」のである。

表に出ている二つのまなこは不思議なほど心のうちにある感情を映し出し、
にこやかさ、柔さ、鋭さ、戸惑いを露わにしてしまう。
もともとニコニコ顔が得意じゃない私は作り笑いなどできないし、
初対面時のこわばった表情を少し和らげるようになりたいと常々思っている。
そうだ今だ!
「目は心の窓」なのだ!

この非常時のマスク下で柔らか表情改革を決行しょうと密かに目論んでいる。

如月、あともう少しで春です。

久保田 真弓