TOP

4月のごあいさつimages

 

東京のスピード。

 

初めて東京に足を踏み入れた時

人は自分の前を足早に通り過ぎ、

私はオロオロと目線を落とし、じっと俯いていた。

あれから・・・

今、東京のスピードの中にいる。

マイペースな人の歩みに焦れてみたり、

人混みを縫うように進むことが当たり前になった。

 

四月の東京。

新しいスーツで身を包み、身体を固くしている若者たちがいる。

あの頃の私がそこにいる。

きっと数ヶ月もしたら歩みは変っているはず。

サクサクと人を追い越し、

気持ちの焦りは最短の効率を探して前のめり。

 

せめて休日の東京、朝寝坊の後にのんびり散歩して

街の片隅で出会う春景色に目を止めたい・・・。

 

久保田 真弓