TOP

1月のごあいさつ

一年12ヶ月。
背番号12から1にもどる。
背中に背負った1の文字は足取りを軽やかに進めさせてくれる。

戌年というのに、
足元にまとわりつくのは愛猫。
首には晦日に連れ合いがふざけて付けた蝶ネクタイ。
その様子があまりに素っ頓狂で思わず吹きだしてしまった。

しごく平凡な朝、2018年元旦。
仏壇に手を合わせ、雑煮の椀の温かさにふれる。
今年の黒豆、今年の酢の物、筑前煮、
毎年微妙に変わるからこそ家庭料理、我が家の味なのだ。

せめて三が日、和食三昧で過ごそうとあの手この手の盛り付けと器使い。
平凡が究極の幸せであることに気づく。

静かな今年の始まりの儀式、
『御正月』と小さく言ってみる。

久保田 真弓