TOP

8月のごあいさつ

 

梅雨の重たい腰がやっと上がり、ようやく来た夏。

『キンキンに冷えてます!!』とか

冷え冷えをアピールする文字が街中に踊る。

 

短い夏を楽しむために色々な場面でガラスを使おうと思う。

木綿豆腐の上に濃厚な生湯葉。

冷蔵庫で冷えた茄子の煮びたし。

カラフルな夏野菜を刻んで炒め、ソーメンをだし汁で。

 

それらがガラス器に入っただけで目が喜び、食欲がそそられる。

 

普段は何も置かない部屋の片隅に羽生さんの板を置き

横山さんのガラス器に時計草を生けてみた。

 

美しさに息をのむ。

「この花こんなに美しかったんだ・・・」。

なのに紫の妖艶な花が小さいころは苦手だった。

 

花はもとより茎と葉の絶妙なバランス、蕾の愛らしさ。

年を重ねるごとに美しいものが又見えてきたりする。

年を取るのも悪くないなぁーと。

 

 

久保田 真弓