TOP

12月のごあいさつ

ウチには糠床がある。

とは言っても知り合いから頂いたものを
作り足ししつつ、かれこれ5〜6年というところだろうか…。
過去にも挑戦はしたが何度も何度も挫折してようやく「ウチに糠床あります。」って
言えるようなった。

頂いた糠床に季節の野菜を入れたり塩やら昆布やら
時にはちょっとビールなど入れてみたり、じっくりと糠に旨味がまわり
熟成してくるまでかれこれ五年の歳月。『おいしい』は時間はかかる。
んーん、糠床なかなか深い!

「おいしい」ってなんだろう。
個人個人によって「おいしい」は違っていい、
好きな歌や好きな絵が違うように。
味覚の基準は積み重ねてきた日々の家ご飯。

だからこそ「おいしい」を追求する台所仕事は大切な場所。
レンジ周りをゴシゴシと…、この一年に感謝して。

久保田 真弓