TOP

11月のご挨拶

ちらりと横目で・・・。
読めてない本の重なりに心が重い。

少し前までは意外に月,数冊はいけていたのに。
最近購入した本が長編でやたら厚いからか、
はたまた寝室に入るとバタンキュ-のせいか、
どちらにしても本が読めてないジレンマに苦しんでいる。

それと同じ感覚が映画見てない症候群。
本も映画も自分の知らない世界や別の角度から見る柔軟さを
教えてくれる。

いつの間にか自分本位な考え方で絡まってしまった心の有り様が
本の背表紙をパタンと閉じる時、
映画館の扉を押して出る時、
ゆるゆると解かれ、気持が軽くなっている。

やっぱり本を読もう。読みかけのあの本!

初冬の入り口、膝にまるまった愛猫をのせ
積読の山を少しづつ平らにしたいと思う・・・。

 

久保田 真弓